サルでもわかるFX

サルでもわかるFX

読むだけでいいことが引き寄せられる日記

読むだけでいいことが引き寄せられる日記

. スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

. 読むだけでいい事が引き寄せられる日記 実践編

おはようございます。

龍馬です。

久しぶりにこのブログを更新しようとしているといった感じです。

すいません!!!

それでは今日は、

「読むだけでいい事が引き寄せられる日記 実践編」

と称しまして、自分が普段どんな事を習慣づけておこなっているかを書いていきますね。

まず、自分の中ですごく大切にしているのが、

「目標、夢リスト」
です。


この目標、夢リストはひじょ~~に大事で、毎日朝に声を出して読む事にしています。

なぜこのリストがそんなに重要なのか??



これを読まれている皆さんは日々自分の人生に目標を持って生活しているでしょうか??


一年前の僕は、日々の生活の中に何の目標もなく、ただ、のほほ~んと、のほほ~んぐらいならまだ

いいのですが、人生を 「否定」 する生き方をしていました。

だから、自分を否定する事が引き寄せられて、何もかもが上手く行かないんです。

みなさんもそんな経験ありませんか???

上司の悪口、友達の悪口、それを陰でいうとそれが違う所から戻ってきます。

これ、


「鏡の法則」 です。

だから、皆さんにもこのブログを読んで人生を変えてもらいたいと、

読むだけでいい事が引き寄せられる日記というブログタイトルにしてあるんです。

話を戻しますが、毎日目標を持って、生活する事は自分の人生を自分で作っていくのと同じです。

しかもそれが、自分にとってポジティブな目標、達成したい目標であればなおさらいいです。

その、目標を達成するために必要な事をどんどん引き寄せるようになります。

わかりますかね??


プラスの事を考えても、マイナスの事を考えても、どちらにせよ、引き寄せられるんです。


それだったら、自分に実際に起きてほしい事を引き寄せたいですよね??

だったら自分のしたい事、やりたいこと、目標をまずノートに書きだしてみましょう。

(※書きだす時のポイント。)

「楽しんで書きましょう!!」

これすごく大事です。ワクワクしている状態、書いたらワクワクする事を書いてください。

もう一つ習慣にしている事。

それは、

感謝リストです。


これもめちゃくちゃ大事ですね。

感謝する事。ほんとうに大事です。

毎日感謝リストを書いてください。

感謝する事でなにが変わるのか???

これを読んでいる方は日々の生活に満足していますか??

満足していない方がいれば、それは、「感謝」 をしていないんです。

小さな事でも毎日、感謝を忘れないでください。あなたは、これから起きて、朝ごはんを食べれる事に

まず感謝です。会社に行く人は、会社がある事に感謝です。嫌な仕事でも、給料はもらえるので

それに感謝です。

こんな感じで毎日朝に、15個リストを作成します。

(※感謝リストのポイント)

自分がいる持っているもの、例えば、

健康である事とか、温かい家がある事など、です。

こう考えてください。あなたは日々、ない所に焦点をあてていると思うんですが、

そんな事はないんです。あなたは色々なものを持っています。

友達、親友、家族、家族がいない人は、少しくらいは話をする人もいるでしょう。

そういった、人、物に感謝するんです。

感謝する癖をつけると人生が変わっていきますので、是非この

読むだけでいい事が引き寄せられる日記を読んで実践してください。


それでは今日も読んで頂きありがとうございました。

スポンサーサイト

. 龍馬伝から見る引き寄せの法則

こんばんわ。

龍馬です。

今日は 大河ドラマ 「龍馬伝」 (古くてすいません・・・)から見る
坂本龍馬がどうやって願望を実現していったのか?を、僕なりの引き寄せの法則の観点で書きますね。



僕が龍馬伝を見たのは、今から大体3か月ぐらい前だったと思います。

ちなみにリアルな放送でやっていたのは2010年です。
(ちなみに僕はこの頃見ていませんでした。)

昔から、龍馬のファンではあったんです。武田鉄也さんと小山ゆうさんが単行本で
出されている「お~い、龍馬」は見たことがあったんです。

そして、3か月までなぜかふと龍馬伝がNHKでやっていた事を思い出して、レンタルビデオ屋に
行って借りてきたんです。そして、大体1か月ぐらいをかけて、全巻制覇しました。
(引き寄せの法則うんぬんじゃなくても歴史好きにはお勧めです)

坂本龍馬の名がまだあまり世の中に知れ渡っていない時、(どちらかというと龍馬は大器晩成型だと思います)
大体ビデオでも全編の方ですけどこんなシーンがありました。

龍馬の父、権平が病に倒れます。体も弱ってきて動くのもやっとです。そんな時、坂本家は家族総出で
桂浜に海を見に行きます。


この時以前に龍馬は黒船を目の当たりにしており、どうしても黒船に乗りたいと思っていました。
しかし、当時は土佐のほとんどの人が黒船の存在は知っていても、見たことがある人はいなかったんです。


龍馬は世の中の事の常に最新を見る事がこの時からできていました。

そして、龍馬はこう言います、

「わしは黒船に乗って世界中をまわりたいぜよ」と。


龍馬は一番末っ子で、権平の遅くできた子供です。
権平も龍馬の将来が本当に不安で不安でたまりませんでした。

しかし、この場面で、権平は龍馬のこの考えに驚き、そして龍馬がこんなにも大きな
事を考えていたのかと感動して涙するという場面があるんです。

(ちなみにこのシーンめっちゃ泣けるんですけどね)


この場面でいう、引き寄せの法則は僕なりの解釈でいうと、

龍馬は自分のしたい事、願望を常にイメージし、できない時でもできると思って
決してあきらめなかったんですね。


だから最終的には、海援隊という日本初の株式会社を作り、船を操って商売をしました。

ほかにも龍馬伝では龍馬の強く思っている事がどんどん叶っていくという感じです。


実際には、ドラマと現実は違いますが、土佐の身分の低い下士が最終的には日本を変えるんです。


ほんとにすごいですよね。

だから、みなさんも人生変えられるんです!!

今仕事で悩んでいる人、友人関係で悩んでいる人、お金で悩んでいる人、僕が何でも相談に乗りますよ。

ちなみに無料なので、よければ連絡くださいね。

それでは今日も読んで頂き、ありがとうございました。



またぽちっとお願いします。










. 過去と現実と未来


こんにちわ。

龍馬です。

「過去と現実と未来」 というテーマで書いていこうと思います。


みなさんにとっての未来とはいつの事ですか??

それは今の事なんです。

?????????????????????

は?何を言っていらっしゃるんですか??

と、思う方もいると思うんですけど、引き寄せの観点から行くと、未来を作っているのは今、自分が考えている

事なんです。

前にもお伝えしたかもしれないですが、今頭で考えた事が未来を作っているんです。

だから、今の現実は未来なんです。

逆に言えば、過去っていつですか?

それは 「今」 なんです。

自分の過去に頭で想像していたことが、今の現実になっているんです。

これを駆使していろいろ考えると、今の現実を作り替えようと思っても過去の思考、行動の結果なので

現実を変えるのは難しいという事です。

逆に言うと、未来を変えるためには、

「今、この瞬間の考え、行動を変えていく」

事ができれば未来に何らかの変化を起こすことができるんですね。

自分の目指したい事、夢を叶えている姿をわくわくしながら想像しましょう。

決して、自分の作りたくない過去を想像してはダメです。

あなたの人生を良い方向へ変化させていきましょうね。

今日も読んで頂きありがとうございました。

. 幸せの閾値を定期的に下げよう

こんばんわ。

龍馬です。

今日のテーマは 「幸せの閾値を下げよう」 です。

まず閾値とは何かといいますと、「自分の体にある反応を起こさせる最低の刺激量」という意味です。

これを幸せの閾値でいうと、幸せを感じる閾値が高くなりすぎると、少しの事では幸せを感じなくなって
しまいます。

人間って、高望みをすればいくらでもできますよね?

でも、その高望みって最初の数回は望みが叶っても、ずっとその状態が続くわけではないですし、

何回もその状態になれば慣れてしまうし、飽きてしまうんですね。


だから普段からちょっとした事でも幸せを感じられる自分作りをしていくと、どんな状況でも幸せを感じられるん
自分になるんです。

・毎日のご飯が食べられること

・体で悪い所もあるが、しっかりと生きられていること

・安月給でも仕事があること

これは例えですが、普段当たり前にある事に感謝を感じるんです。すると、段々と幸せの閾値が下がっていって

小さな事でも幸せを感じる事ができるようになりますよ。

そしてさらに、自分が幸せでいると、幸せな事を引き寄せますからね。

今日のテーマは 「幸せの閾値を下げよう」 でした。

今日も読んで頂きありがとうございました。

応援よろしくお願いします。






. ホリエモンブログ

昔、世間を騒がせたホリエモンのブログです。
近況や、おすすめの本、なかなか良かったですよ。




. マイブログへようこそ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。